HOME>>
ステンレス技術者ブログ





ご注文いただいた懸垂バーの、施工例のご紹介第4弾です!

こちらはロフトのしっかりとした梁に固定して頂いております!


1.jpg


2.jpg


お写真と合わせてこんな嬉しいご感想を頂きました。

「子供部屋のロフト部分に設置いたしました。

とても頑丈なので子供の成長とともに長期間の使用にも

耐えられそうです。ありがとうございました。」


お子さまの成長と共に、変わらず懸垂バーもこの先そこにあるんだなと思うと

何だか記事を書いていて感慨深い気持ちになりました(゜-゜)
この度はご注文頂きまして誠にありがとうございました。






規格タラップRタイプのオーダー品です。


上部は曲げ下ろしたパイプにプレートを溶接して

こちらも固定できるような仕様になっています。


DSCF4455 - コピー.JPG



脚も通常は板を曲げたものを使用しますが、

中間部に配管が通っていてそこを避けなければいけないので

セパレートタイプにしています。









HOSERUNO-20です。

取り付けがどうしてもコーナー部になるということで・・・

DSCF4486.JPG



こういった形のベースを製作しました。

角鋼を三角形に切り取ってコーナー部に溶接して一体にしてあります。

それにしてもいろんな取付け方があるものですね(゜_゜)


DSCF4487.JPG








先日ブログ内でご紹介した懸垂バー端部曲げの施工写真が届きました!

新築、もしくは改築中のお部屋ですかね。

こうして実際に施工後の写真の方が、これからご注文を検討されている方にも

イメージが沸きやすいと思います!


ちなみにこちらのもので幅がW1200程度あります(^^)



(1).jpg