HOME>>
ステンレス技術者ブログ




一般的な階段などの手摺ももちろんですが、バータイプの手摺を連続して
取り付けるパターンの手摺も製作しています。


inoimage2 (2) - .JPG


内寸を計測してピッタリ寸法で製作や、片側ソケットにして
現地で調整できるような仕様も可能です^^




HOSERUNO 705

2017/09/21



2段で一体になったHOSERUNOのご注文です。


なかなかないんですが、ありがたいことにほぼ99%製作図を作って頂いていたので
非常に製作~発送までがスムーズでした。


こちら送っていただいたイメージ図  

イメージ.jpg

そして完成品

DSCF5082.JPG


自重が増えますが穴数を増やし、ベースも大きくしていただいていますので
強度も全く問題ないと思います。


DSCF5083.JPG


もちろん手書きのラフスケッチでも全然大丈夫です。
何かあればご相談ください!!







今回は普段からお問い合わせの多い懸垂バーの取付について1つの例をご紹介します!!


まず第一段はまだ階梁がむき出しの状態です。

天井裏の梁に固定されるので、出幅を大きくしました。
それにより振れが大きくなるので安全面を考え、根本には補強のリブを付け、
強度をUP!! ベースも大きくしてますよ~

懸垂170520 - コピー.jpg


第二段階はボードを張って、脚のところは切欠けを作り、天井の形が少しずつ

できてきています。

工事2 - コピー.JPG


第三段階は仕上材が貼られ、いよいよ完成間近!


工事3 - コピー.JPG

最後は全ての仕上が完了し、穴隠しの化粧カバーを設置すれば
見た目もスッキリ自然な感じで施工完了!



完成1 - コピー.JPG


ここまで段階を細かく施工写真にご協力いただいたお客様に感謝です。
ありがとうございました。

スッキリした納まりをご検討中の方は、参考にして頂ければと思います^^





またまた新規格商品が仲間入りしました!


「ステンレス懸垂バー Yタイプ (天井吊り下げ・ワイドチンニングタイプ)」

a52c6500de7a80b09082c45e219fa9021ae2b86a.jpg



両端部を握りやすいR曲げで製作するので、平行に握る際より自然な角度で
持てることにより手首への負荷も減り、グリップ力もUP!

既存の規格懸垂バーはもちろんですが、Yタイプはより筋力UPを目指す方にもおすすめ!

もちろんオールステンレスで強度もバッチリです!



懸垂バーページへ↓
http://www.tesuriya-shop.com/fs/tesuriya/c/kensui