HOME>>
ステンレス技術者ブログ

墓所手摺 708

2017/10/20





前回の組立と実はダブルヘッダーだったこちらの手摺。

通常手摺パイプはφ38での製作が多いですが、今回はφ34・32の組み合わせと
細めの仕様でございます。

DSCF4996 - コピー.JPG


なるべく階段の有効幅を取る為、端に穴を明けたんですが、ま~割れそうで怖い。。。
ということでいつもより小さめのコアで穴明け。


DSCF4998.JPG


階段を上りきってからは躯体が折れ曲がっていたので
そこに合わせて角度を付け製作しています。

無理やり真っ直ぐはちょっと見栄えが悪いですもんね~
最後に化粧の座金を落として施工完了です!!



支柱位置を決め、笠木の通りを予め仮決めしてパイプをカットし、
コーナーは2ケ所フレキで現地で合わせました。


DSCF5001.JPG


最後に支柱の長さを揃えてカットし、笠木と一体にした後、
たてりを調整して固めます。

現地でいろいろ調整でき、捻って上る勾配などの時はこの組立は便利ですが、
ちょっと施工に関しては知識や経験が要りそうです。。。

あと大事なのは「さわらないでください」の張り紙です。
文字のうまい下手については・・・気にしないようにしましょう。