HOME>>
ステンレス技術者ブログ




#400の手摺を加工しました。

だいぶ前にも少し紹介しましたが、また載せます。
自社で曲げた手摺の端部を磨いていきます。

IMG_1067.jpg

曲げ直後の端部

曲げで伸びた分、輝きが鈍くなっています。
ココを白棒で磨けば・・・

IMG_1064.jpg


ハイ出来上がりー!!傷も消えてぴかぴかになりました。
文字に起こせば簡単ですが、実際は結構気を使う多少大変な作業です。

IMG_1065.jpg




既存の懸垂バーを新しいものに交換したいとのお問い合わせがあり、
同じ位置に取り付けるので穴位置を変えないよう製作をしました。

こちら施工前の既存の懸垂バーです。
握る場所が変色するほどかなり使われているのがわかりますね~
施工場所も、廊下でしょうか?デッドスペースを有効に使われていると思います!

交換前 - コピー.JPG


そして施工後
ベースやバーの形状は変わりましたが、穴位置は計8ヶ所全て
同寸法で製作しているので違和感なく取り付いています。

バーの部分は、出荷の時はステンレスのパイプのままでしたが、
バーテープも巻いてグリップ力もバッチリですね!!

交換後 - コピー.JPG



ご注文頂きましてありがとうございました^^







縦格子 柵710

2017/11/03




今回製作したのは、少し太目のパイプを使用した縦格子タイプの柵です。
デザイン的にも、個人的にもあまり見たことの無いタイプでした。

先端は半球キャップにてやんわりした印象です。
DSCF5085.JPG


縦格子タイプに共通することですが、格子の加工をちゃんと揃えてあげないと、
格子とパイプの溶接が少し厄介なので、注意しました!