加工情報
HOME>>加工情報>>ステンレスとは?

曲げ加工について

ステンレス鋼とは、鉄を主成分としこれに10.5%以上のクロム(cr)を含有した合金鋼で鉄に比べ耐食、耐久性、耐熱性、加工性美観において非常に優れた金属です。

又、環境に対してもステンレスは100%リサイクル可能な材料として高く評価されています。
ステンレスの語源は(stain)しみ、よごれ、汚染 (less)のない、できない 従ってさびないという意味でstain less、ステンレスと呼ばれる様になりましたが、一般のユーザーの中にはステンレスは絶対さびない金属だと思い込んでおられる方もいらっしゃいますが「さび」に対して万能な訳ではなくステンレスの表面作られている不動体皮膜という薄い膜がほこりや鉄分、塩分を含んだ雨水など様々な汚れによって破壊された場合には、さびが発生しやすくなります。

ステンレスのお手入れ方法

本来ステンレスはさびにくい金属ですのでさびやすくなる原因となる汚れ、特に排ガスに含まれる、亜硫酸ガスや建設工事の際飛散する土砂や鉄分などの汚れや台風による潮風にさらされた後などにすみやかに清掃することでいつまでもステンレス本来の美しさをいつまでも保つことができますので汚れてしまった場合などは下記の方法でお手入れしてみてください。

代表的なステンレスの種類

      
種類 説明
SUS430  比較的安価で磁性があり、内装用としては問題ないが外装用としてはサビやすいなどの欠点がある。
SUS304 一般的によく利用されている鋼種で耐食熱性や加工性に優れている
SUS316 SUS304よりさらに耐食性酸性を高めた鋼種。

ステンレスの事をよくSUS(サス)と呼びますが、これをご説明すると

S=steel
U=use
特殊用途(special use)
S=stainless
不銹

という事から、SUSといえばステンレス鋼を意味しています。

主なステンレスの表面仕上げ

No1
圧延処理後、酸洗処理した物で表面は銀白色で光沢がなく、耐熱、耐食の工業用にされる事が多い。
2B
No1より表面はなめらかで光沢がある。
#400
2B材を#400番研磨で仕上げてあり にぶい鏡面の様な光沢があり食品、 厨房機器等に使用されています。
HL(ヘアーライン)
  文字どうり髪の毛の様な細い研磨目が 長く均一に入った仕上げで広く建材製 品等に使われています。
#800 
いわゆる鏡面板で研磨線などが残らない 最高の研磨仕上げです。

<<ステンレスとは?|曲げ加工について>>

ステンレス加工情報

弊社での加工情報やステンレスについて記載しております。

  • 技術者ブログ
  • 町工場の強み
  • ステンレス加工情報
  • お取引について
  • お見積り・お問合わせ
有限会社 セイコーステンレス
〒721-0952
広島県福山市曙町3丁目9番17号
TEL: (084)957-9266(代)
FAX: (084)957-9286

JWES認定