技術者ブログ

ステンレス鏡面防護柵2022/09/17

今回はオーダーメイドでステンレス鏡面防護柵を製作しました!

機械加工で丸棒の先端を剣山のように尖らせました。

見るからに突き刺さりそうで恐怖を感じます。。(笑)


962503f68c0c192dc4c917baf16e95dc8b9eefbe.jpeg

鏡面フラットバーに取付用の穴あけ加工を行い、下の写真のように指定されたピッチで丸棒を仮付けしました。

仮付け後は、通りを目で見てバラバラになってないか確認して本溶接を掛けました!



810628f8368226018087970a90eff8f1e36b3db2.jpeg


一本一本をフル溶接したので、フラットバーが熱で反ってしまいます。

ある程度までは反り返りを直します。

それより大変だったのが溶接後の丸棒の縦横の垂直直しです。(笑)

なかなか思った方向に直しづらくて苦戦しました(-_-;)




d07b86799d3b8ad929903db3de745cd0b62e1a70.jpeg



完成してみると、まるで映画にでも出てきそうなお城の防護柵に見えてきますね(^^)/

先端の鋭さにはただただ恐怖です(笑)

治具を製作してみました2022/08/26

HOSERUNO20S,40Sブラケット製作用の治具を作ってみました。


傷対策として樹脂ベアリングとゴムを貼っています。


さらに、逆歪みをとるために真ん中に薄い板もつけています。





DSCF5708.JPG



こんな感じでセットして溶接していきます。


以前は位置合わせのために、ベースプレートに罫書きをしていましたが、


その必要が無くなり、位置ズレ防止にもなります。





DSCF5709.JPG




治具を使用する最大のメリットとしては、歪みとりの必要が無くなることです。

歪みとりのためにTIGで裏側を炙っていたのですが、下の写真のように必ず1回でとれると


は限らないので、1個ずつ確認してもう1回あぶらないといけません。非常に手間です。






DSCF5710.JPG


治具を使用することで、何もしなくても真っ直ぐです。


セットする手間もありますが、TIGで炙るより断然楽で速いです。







DSCF5712.JPG




メリットとして忘れてはならないことがもう一つ、アームの角度を気にする必要が


無くなりました。


これからも色々考え工夫して、どんどんレベルアップしていこうと思います。

住友林業様の「建材マンスリー 2022年7月号」に掲載されました2022/07/26



住友林業様が毎月発行されている業界情報誌「建材マンスリー2022年7月号」

弊社製品の「ステンレスうんてい」が掲載されました。




創刊50周年を越える歴史ある業界情報誌に掲載頂き光栄です。


7d802ab6ca830f5176c6a3d54ae6ca7031ede3e6.jpg37d8b57b9cf20d01c826435e33421542679479dd.jpg

新製品開発の裏話2022/07/01


弊社のオリジナル製品にある「ステンレス傘掛け」は、社員それぞれが持ち寄った
アイデア製品の中から、社員間の投票で選ばれて商品化した記念すべき第1号です。


一人、二人で考えるよりみんなでアイデアを出し合って進めていく工程は
なかなか楽しい作業でした。


そしてそれを購入していただいて、それぞれのお家で製品が活用されているのを
お写真で拝見すると、社員一同嬉しい限りです。



これからも、傘掛けに限らず全ての既存の製品も改良を重ね、
さらに新たに世の中に必要とされる製品を生み出し続けていきます。

傘掛け写真01-2.jpg

SDGsへの取り組み2022/06/18



先日SDGsについて講習会があったので、企業にも
達成に向けた取り組みを求められていることもあり、少し報告がてら
ブログを書いてみようと思います。(ちょっと真面目に)





sdgs_goals.png
最近あちこちで耳にする機会が多くなり、知っている方も多いと思うので
詳細は割愛しますが、
要は

「世界中にある環境問題・差別・貧困・人権問題といった課題を、
世界のみんなで
2030年までに解決していきましょう!」

・・・という計画や目標のことです。




というわけで大きく分けて17の目標のうち、自社のステンレス製品を通して
直接もしくは間接的に関係が近いであろう目標を以下の3つに絞ってみました。


① 目標3:すべての人に健康と福祉を

goal03.png

健康や福祉に間接的に手助けできるものとして、弊社では
握りバー補助手摺」、「バリアフリー手摺」、「懸垂バー」、
うんてい」などのステンレス製品を作り続けています。

衛生状態、環境汚染の改善など根本的に大きな問題はありますが、
これに関しては
製品に使用している
ステンレス自汚れや錆に強い為、
衛生的に使える材料として非常に注目されています。


② 目標7
:エネルギーをみんなにそしてクリーンに

goal07.png

「再生可能エネルギーの取り組みをさらに強化する」ということに関して、
ステンレスはリサイクル性に優れているだけでなく、環境上問題となる物質や、
塩素系有機物も含まれていないため、リサイクル時においても有害なダイオキシンを
発生させません。

尚且つ半永久的な耐久性を備えているため、非常に環境にも優しい材料です。

③ 目標12:つくる責任 つかう責任

sdg_icon_sdgs-12_ja.png

❝持続可能な消費と生産❞の観点から、上記2つの目標に加え社内でも
ペーパーレス化、工場の照明のLED化を進めています。



「2050年までに今の生活を維持して世界の人口が96億人に達すると、
地球3つ分の天然資源が必要」

こう書かれているように天然資源の枯渇は目に見えている為、
生産者から消費者までが今ある資源をもっと効率的に使う必要があります。

今回自社に置き換えてSDGsを紹介しましたが、どれにも
当てはまらないことをしている企業なんて正直ないと思います。


このSDGsという言葉ができるずっと前から、電気をつけっぱなしにしない、
水道を出しっぱなしにしない、食べ残しをしないなど・・・昔から当たり前に
言われてきたこと


結局は会社単位ではなくて、一人一人が普段の生活の中でどれだけ意識してやるかが
一番大きな問題のような気がします。

難しいことは置いといて、みんなで身近にできることから始めていきましょう!



FB(フラットバー)とエキスパンドメタルで2022/06/10

下の写真の製品を、FBとエキスパンドメタル(以下エキスパン)で製作しました。


FBの板厚に対してエキスパンの板厚が薄いのと、接地面が少ないので、溶接には少し苦労しました。





DSCF5691.JPG












DSCF5692.JPG


犬用のトイレとして使用されるそうです。










DSCF5693.JPG

プレジャーボートに取り付けるステンレス ロッドホルダー2022/05/19


プレジャーボートのスターン(後ろ)に、ロッドホルダーをつける
ステンレスバーを取り付けたいとのご相談を受け、今回フルオーダーで
製作させていただきました。
2022/01/26にご紹介したブログ記事の続きです)

製作を進めるにあたり、手書きで非常にわかりやすい図面を頂きましたので
スムーズに打ち合わせができました。
           ↓↓↓↓↓↓↓ 
文書.jpg


ご感想と施工後の写真も合わせて送っていただきました。

"ロッドホルダーバーが無事届きました。
梱包を開けて確認致しました。不備は全くありませんでした。
なお予想以上のすばらしい仕上がりで大満足です。
ありがとうございました。
週末にマリーナへ持ち込み取り付けをします。
貴社の宣伝もさせて頂きたいと思います。
今後もオーダーがありましたら利用させて頂きたいと思います。"

海に船を浮かべ、コロナ禍のことは忘れてのんびり釣りをする。
最高の時間ですね!

ご注文ありがとうございました。

eedtg.jpg
L (4)-3.jpg

傘掛けR(ラウンドタイプ)オーダー品2022/04/07

 傘掛けR(ラウンドタイプ)のオーダー品をご注文頂きました。

W寸法がかなり長いので、撓む可能性も考えらえますが、

13Φの丸棒を1本物で曲げているので、撓むことなくしっかりしています。






DSCF5690.JPG




ベースプレートは、規格サイズの場合裏側のみ溶接するだけで強度は十分ですが、

今回は長いサイズなので、両側から溶接して強度を上げました。






DSCF5689.JPG


高さが傘を掛けるには低いので、タオル掛けとしてご使用されるのではないかと思います。





DSCF5688.JPG



傘掛けという名前ですが、色々な使い方ができる商品です(*^▽^*)

ステンレス角パイプテーブルフレーム2022/03/24

客様のオーダー製作依頼でステンレステーブルフレームを製作させて頂きました。

DSCF5697.JPG

製品自体は完成品なんですが、このフレームの上にガラスが乗っかって何らかの形で固定され使用されるみたいです。

結構な長さがある為写真では分かりづらいとは思いますが、配送条件等の理由などもあり2分割の仕様にて製作させて頂きました。

僕たち製作スタッフ視点からの意見だと本当は一体製作の方が距離は長いですが、簡単というか、加工の手間も省けて助かるのですが。。(-_-;)

というのも、2分割にするということは必ずジョイント加工が必要になってきます。

写真を見てお判りいただけると思いますが、上部の太い角パイプの下にも一回り細い角パイプがあります。

それらをジョイント加工して相手と合体させるということは、角パイプ同士がお互いに0、何ミリ単位の誤差内かほぼバッチリで収まっておかないと

上の角パイプも下の角パイプも差込が合わず、ハマらないという現象が起こります。

こういった加工の難しさもあり、一体製作の方が案外見やすかったりするものなんです。。(^^;)

また工場での差込確認・検査は勿論おこなっていますが、いざお客様の元に届いて設置のため差込を試みたものの差込が合わない。

というリスクも出てきます。

配送中に荷物同士がぶつかったり、重量物が落ちてきたりして、ジョイント部分もしくはフレーム本体が曲がってしまうことがあるからです。

ただ、どうしても2分割でないといけないという条件もありますよね。

なので検品・検査もしっかり行ったうえで梱包作業にもあらゆる配送環境を考慮した梱包を行っています!

DSCF5699.JPG

このように力が掛かってほしくない部分には添え木を噛ましてしっかりと補強を施しております。

少し手間はかかりますが、お客様の元に無事安全に満足のいく製品をお届け出来る様に、当社製作スタッフは日々考えながらスタートから終わりまで責任を持って

作業に務めています。

という感じで今回の紹介は終わりとさせていただきます!(^^)!

お客様の声 2022/02/10


以前フルオーダーでステンレス玄関手摺と、ステンレスロフト手摺を
ご購入いただいたお客様より、ご感想と共にお写真を送っていただきました。


「ロフトの手摺も玄関の手摺もとっても気に入っています。
ロフトの手摺は現場監督さんがつけてくださったのですが、
しっかりしたつくりで
大変感銘をうけていらっしゃいました。

また、玄関の手摺は、靴べら用フックに絶妙なな角度がつけてあり、
壁につかない工夫がされていますね。素晴らしいお仕事をしてくださり、
有難う御座います。」


こうして製作したものがお客様のもとでお役に立てて
喜ばれているということは、何より嬉しいことです。
ご注文いただきありがとうございました。

製品は全てステンレスで製作した後、粉体塗装で仕上げています。



ステンレス玄関手摺(塗装ブラック(艶消し))

7435.jpg


ステンレス ロフト手摺(塗装ブラック(艶消し))1

7120.jpg


ステンレス ロフト手摺(塗装ブラック(艶消し))2

47435.jpg

サイズが合わない場合は...ORDER MADE
お気軽にオーダーメイド窓口でご依頼ください。

規格サイズにジャストサイズがない場合や特注サイズがご希望の場合は特注製作をもっとも得意!とし、即対応!の私たちにご相談ください。
お客様に合ったご提案をさせていただきます。

技術者ブログ

ここでは、様々なステンレス製品の加工情報や奮闘記など、弊社技術者がブログで情報発信しています。

最新エントリー
記事別カテゴリ
年別アーカイブ
SDGS
オーダーメイド窓口
  • 技術者ブログ
  • ステンレス加工情報
  • OUTLET
  • お見積り
  • お問合わせ
有限会社 セイコーステンレス
〒721-0952
広島県福山市曙町3丁目9番17号
TEL: (084)957-9266(代)
FAX: (084)957-9286

JWES認定