HOME>>
ステンレス技術者ブログ

駅ホームにある転落防止柵を一部撤去してステンレス製の出入り扉を

新設するご依頼をいただきました♪

homu1.jpg

 

 

 

既存の転落防止柵と同じデザイン仕様で製作です。

扉を製作するうえで重要なのは扉枠の対角を正確に出すことです。

どんな製品でも枠状に組み込む製品は対角は必要ですが特に扉の場合は重要となるので

定盤に原寸を打ち、対角がずれないようクランプして仮組と本溶接を行います。

houmu2.jpg

 

 

 

側面の角パイプと格子を溶接した状態はこんな感じですっ。

溶接ビードも溶接の焼け色もこんがりと申し分ない状態です^^

 

 

 

 

houmu3.jpg

 

 

 

吊元の支柱は天端に蓋につけてヘアライン仕上げをして

蝶板や取付し、鍵側の方立もカンヌキを取付けて仕上げを施してして完成です。

 

 

 

 

 

 

houmu4.jpg

 

 

施工は既存の転落防止柵を新規に製作した扉の巾とクリアランスを

確認したあと片側の既存柵を切断撤去しカンヌキが付いた方立を溶接固定して

蝶板の付いた方立と扉を一体にして蝶板側の方立をアンカー固定して完成です^^

 

houmu5.jpg